Perlがくしゅう帳(Rubyも)

プログラミングの勉強会の参加記録や学んだことなど。 twitter ID : @tomcha_で活動しています。 最近は主にPerl関連の勉強会やコミュニティに参加しています。移転前のブログはこちら->http://ruby.doorblog.jp/

育児パパを経験して得た知見とおすすめアイテム その2

赤ちゃんが産まれて約1ヶ月弱が過ぎました。退院して我が家にお迎えしてから3週間くらいです。
現時点での感想は、

  • とにかく時間と余裕がない。あっという間に24時間が経過する毎日。
  • 妻と2オペ(実家・親の力を借りない)だと、育休1ヶ月では全然足りない。

です。とにかく24時間2交代でミルク、おむつ、泣くのをあやしていますが、睡眠時間が長い時で4〜5時間。この状態でフルタイム勤務は流石に詰むのが目に見えているので、職場と育休の延長を交渉中です。

出産後、1ヶ月もすれば赤ちゃんも少し落ち着くし、親も生活パターンに慣れるだろうと踏んでいたのですが、実際に1ヶ月過してみての感想は無理ゲー感200%。ブログを書く暇すら難しい現状です。通常家事はお金で解決する予定でしたが、それでも無理は確実。
夫婦2人だけで育児をするのであれば、現時点では最低2ヶ月、もうちょっと安全策で3ヶ月は必要だったなぁと見積もりの甘さを反省中です。(2ヶ月で本当に足りるかは未検証)無理して職場復帰しても、ぶっ倒れたら余計に迷惑がかかるだけと自分に言い聞かせて更に休む方向で調整中です。

夫がどれくらい育休をとれば良いのか、ブログを色々見ていて参考になったのはこちら。

note.mu

これから育休を取得する予定の旦那さん、もし2オペで考えているのであれば、1ヶ月でフルタイム復帰の見積もりは非常に厳しいですので気をつけて下さい。

前回は予定日半年前くらいの事を書いたので、今回はもう少し直近の1ヶ月前くらいに揃えて便利だったものを紹介してみます。
なかなかセールにはなりにくい物で大型のもの、夫婦2人で見て選択したいものは1ヶ月くらい前に購入できる段取りで動くのが良いかと思います。直前だと妻のお腹も大きくなって外出も大変になるのと、体調面でも心配なので動けるうちに早めに見に行くのがベターです。
大型のものは、ベッド、ベビー寝具、沐浴セット。主な購入先はイオンと赤ちゃん本舗です。ベビー用品は他にトイザらス西松屋、バースデイ(しまむら系)もありますが、自分はこの2店舗で事が足りました。

ベビーベッド選びでは、まずレンタルか購入かを検討しましたが、長期間ベッドを使うのであれば購入したほうが安いだろうと考えました。そして商品選定では、ベッドの高さが大人の腰より上のものだと、腰への負担が少ないだろうと考え、これは大正解でした。オムツ替え、授乳、抱っこと1日に余裕で20回以上はお世話をするので、ベッド位置が高いものでなければ一々屈んで作業をしなければならず、これは非常に腰に負担がかかります。ただし、赤ちゃんがつかまり立ちをする様になれば、高さを下げて調節する必要があるので、高さ可変のものでないと長期間使えません。
イオン、KATOJI、赤ちゃん本舗ニトリで調べた結果、ニーズを満たすのはアカチャンホンポの物しかありませんでした。このベッドは星3つで絶賛おすすめします。

akachan.omni7.jp

また、我が家ではベビーベッドの部屋がリビング・台所等、親が活動する部屋とは別の部屋なので、ベビーモニタ(webカメラ)を使っています。もしベビーベッドの部屋とは別の部屋で活動する事が有るのであれば、ベビーモニタは”暗視カメラ”と”マイク”が付いている物をおすすめします。webカメラスマホで監視できるので、暗視カメラで夜でも監視できるのと、マイク付きだと常に見ておかなくても赤ちゃんの泣き声にすぐ反応できるのでおすすめです。我が家ではIOデータの物を使って非常に重宝しています。ベッドへの取り付けアームもあると便利です。

ベビーバスは、折りたたんでコンパクトに出来るものや空気でふくらませる物など、収納スペースとの兼ね合いの商品が割とたくさんありますが、ファミリアで受けてきたベビーバス講習会で、安全に沐浴させるのは割と大変であることを学習したので、赤ちゃんの安全ファーストで選びました。

akachan.omni7.jp

実際に使ってみて、頭のところにウレタン?のクッションがあるのと、背もたれの傾斜とおしりの部分にストッパーがあるので非常に使いやすいです。
単なる風呂桶みたいなものだと、とても気を使って沐浴させる必要があり、毎日の事なので置き場所は多少犠牲にしても使い勝手と安全ファーストで選んで正解でした。

ベビー寝具は清潔面を重視して、マットが水洗い可能なものを選びましたが、意外と今の所ベッドは汚れておらず、その恩恵は享受していません。というのも、オムツ替えの時にはペット用シーツが有効というブログ記事を読んだので、オムツ替えの時はペット用シーツを敷いているので、ベッドがおしっこで汚れていないからです。ペットシーツはコーナン(大阪ローカル?)等のホームセンターで売っている、普通サイズのお徳用の物で大丈夫です。自宅でのオムツ替えの他に、外出時の公衆トイレのオムツ替え設備を使うときにも敷くと衛生的なので、これも買っておくと良いと重宝します。

赤ちゃんのお尻ふきも結構大量に使うので箱買いをしましたが、これも重量物なので早めに入手しておくとベターです。

あと、赤ちゃんの名前ですが、産まれてから14日以内に決めて出生届を提出しないといけないので、じっくり考えるのであれば予定日より前に候補を決めておくのが良いと思います。
名付けは、音から選ぶ、字の意味から選ぶ、誰かからの名前を頂くなどありますが、我が家では字の意味を尊重したかったので、名前辞典を買って考えました。しかし、名前辞典には漢字の意味の他にその漢字を使った名前の例がたくさん載っており、それをそのまま付けるのもなんか嫌だったのもあり、候補の漢字を複数選び、漢字の組み合わせを出力するPerlスクリプトを書いて使いました。実際に付けた名前は選んだ漢字から自分で考えていた候補ではなく、Perlスクリプトが組み合わせてくれた物で良かった名前を付けたので、名付け親成分にラリー・ウォールが若干入っています。

名付け関連でいえば、命名紙というものがあるのですが、手書きなら用紙に筆で書けば良いのですが、パソコンで印刷をするとなると"縦書き"印刷が必要となり、手持ちのパソコンMacAppleワープロソフト、Google Docsでは縦書きできないというハプニングがありました。オンライン版のMicrosoft office(word)も縦書きができません。我が家ではoffice360の1ヶ月試用を使い、wordをダウンロードして何とか縦書きで印刷できました。

深夜のスキマ時間にやっとブログが書けましたが、今日も育児の戦いは続きます。
便利グッズの知見はまだありますので、またスキマ時間を見つけて記事にしたいと思います。

育児パパを経験して得た知見とおすすめアイテム その1

突然ですが、7月上旬に子供が産まれました。
そして産まれてからあっという間に2週間が過ぎました。
現在、育児休暇で仕事を休んで奮闘中ですが、お父さんが育児を初めて経験して個人的に思った事や便利グッズなどを書き記しておこうと思います。
これから子供が生まれる家庭や、育児パパになる人に少しでも役に立てばと思います。

まず、育児アイテムを揃えるタイミングですが、自分は予定日(6月末)のちょうど半年前のお正月休みがスタートでした。
妻とデパートのベビー用品売り場へちょっと見に行こうぐらいの軽い気持ちで行った時のこと。ちょうど催事で新生児ベビー服のお年玉セールをやっていました。
ベビー服やタオル、ガーゼ等の必需品、ベビーカーやチャイルドシート等は「お正月」「ゴールデンウイーク」に福袋やセールをやっています。おそらく、家族連れや実家のおじいちゃんおばあちゃんと一緒に買い物に来た層をターゲットにしているのでしょうか。
予定日の半年前というと、お腹の変化もそんなになく、産後もまだ先でイメージもあまり湧いていない時期でまだピンと来ていない時期でしたが、結果としてセールを利用して安く揃えられました。また、妻のお腹が大きくなってからでは出歩くのも大変なので、概ね予定日の半年前くらいのお正月、GWくらいからアイテムを揃えていくのがベターだと思います。

肌着、ガーゼハンカチ、バスアフガン、ベビーカー、チャイルドシート、ニオイポイを予定日の半年前に揃え、当時は結構早めに買ったな〜と思っていましたが、予定日が近づくにつれ、早めに揃えておいてよかったと痛感しました。ちなみにチャイルドシートは予定日の2週間前にとりつけました。&& 2週間前から禁酒しました。いつ何時陣痛が来るか分からず、すぐに運転出来るようにするためです。お酒は2週間前から控えて産まれた日に祝杯を上げましょう。スペシャルなビール(ちょっとお高い普段飲めないやつ)を用意しておくと良いかもしれません。

肌着やガーゼハンカチは店員の"天竺おばさん"から、いくつあっても足りないよとアドバイスをもらい、多めに買ったのですが、多めに買うの大事。産まれてからアドバイス通り買ってよかったと思いました。通称天竺おばさんというのは、天竺素材をすすめるエンゼルの少しご年配の店員さんで、結果的に天竺素材はすごくよかったです。エンゼルの肌着やガーゼは薦められるがままに買いましたが、お孫さんもいる店員さんの説得力は半端なかったです。

www.baby-angel.net

ベビー用品の洗濯は大人とは別の洗剤を使うのと、こまめに洗濯物が出るので基本手洗いになるのですが、いざ子供が生まれるとなかなか時間がとれません。あっという間に洗濯物がたまる = 服やガーゼ、タオルのストックがなくなってしまうので想定している数量プラス何枚かあるほうが良いです。(うちでは8〜10くらい)バスアフガンも当初2枚しか買っていませんでしたが、全然回らなかったので産まれてから急遽2枚買い足しました。

ちなみに洗剤や体洗い石鹸はお肌に優しいしゃぼんだま石けんを選びました。うちの子には肌荒れなど特に問題もなく、いい感じで使っています。

ベビーカー等の大型商品や肌着やガーゼなどの数を揃える必要がある小物は、多少早くても「お正月」「ゴールデンウイーク」が狙い目です。

もくもく会 なにわPerl#14を開催しました

もくもく会 なにわPerl#14を開催しました。

なにわPerlとは

基本は初心者・初学者向けの自習スタイルの勉強会(もくもく会)です。お題を決めて何かをする企画の会もあります。

naniwaperl.connpass.com

f:id:tomcha0079:20180612203616j:plain:w280

続きを読む

吉祥寺.pm #14に参加してきました

人生初の地元以外開催のpmにお邪魔してきました。

kichijojipm.connpass.com

総参加者人数が約40名、.pmのイベントでこれだけ沢山の人数が集まるのは(しかも数ヶ月に1回のペース)本当に凄い。しかも平日の仕事が終わってからの時間帯!
初めて参加するコミュニティへ飛び込むのは勇気がいりますが、 YAPCPerl入学式つながりで知り合った関東の方々、大阪から上京した方と久しぶりに会う事もでき、何らかの形で活動を続けていく大切だし、知り合いが増えていくのはとても楽しい事だなとあらためて思いました。主催のmagnolia_k_さん、スタッフのみなさん、ありがとうございました。

ちなみに吉祥寺は東京23区より東にあり、新宿あたりからJRで20〜30分の場所です。吉祥寺に行ったのも初めてでした。想像していたのは郊外にある住宅地のイメージでしたが、思っていたよりも全然都会でした。

さて、pmの内容は20分トークとLTで、かなりのボリュームです。色んな話が聞けました。

懇親会も本編40人中、30人の出席率!これまためちゃくちゃ盛り上がって楽しかったです。席が近かった方としかなかなか話せなかったのが少し残念でした。著名なPerlMongerの方や、Twitterで一方的に知っていた方と直で話ができたり、とても面白い考え方の若い方のお話が聞けたり、学びがたくさんありました。今回お話ができなかった方とも、またYAPCとかでお話したいですね。

今回、ホーム以外のpmに参加して感じたのは、とにかく活気がすごい、そして渋谷.pmに五反田.pmもあるなんて、Perlのコミュニティ全然活発じゃん!!って事でした。

コミュニティは継続が力なりなのだなと思いました。またモチベーションが上がりました。関西でもPerlの勉強会を続けて行きたいですね。

で、

ということで、6月9日(土)、大阪梅田でもくもく会を開催します。まだ参加枠があります。初心者向けのコミュニティですので、Perl入学式の予習復習に是非どうぞ!

naniwaperl.connpass.com

今回は本当に本編も懇親会も楽しかったです。また参加します!

プログラミング、初めてみませんか?

2018年度がスタートしました。
せっかくの新年度の機会です。何か新しいことを初めてみませんか?

自己紹介が遅くなりましたが、私はPerl入学式in大阪でサポーターをしている @tomcha_ と申します。 この記事は「春のPerl入学式リレーブログ」初日の記事です。
早いものでこの勉強会「Perl入学式」が始まって今年度で7年目となります。大阪、東京、札幌、沖縄と全国でたくさんの人が学んだ初心者向けプログラミング勉強会です。

この勉強会の特徴は、

  1. 全て無料です。勉強会の参加はもちろん、資料の閲覧、チャットサポートを受けるのも無料です。全てボランティアスタッフの活動で成り立っています。

  2. 第1回は環境構築回と言って、各自の持参したパソコンでプログラミング言語Perlを使える様にソフトをインストールする会です。第2回以降はそれを使って実際にプログラミングを学んでいきます。

  3. 全部で第5回まであり、最初は基本的な事から回を追うごとにより深い知識を身に付けていきます。もしスケジュールの都合で出られない会があったとしても、資料は全て公式サイトで公開されているので自習をする事で問題なく追いつくことができます。自習で分かりにくい事は公式サポートチャットで質問できるので安心です。

インターネットやコンピューターがより身近なモノとなり、小学生のプログラミング教育が必修化etc...色々言われておりますが... そんな事は置いといて、単純に学ぶモチベーションは

「プログラミングは楽しい!」

これに尽きると思います。

私がボランティアスタッフを続けているモチベーションも全く同じです。
何を隠そう、私を含め各地域も含めボランティアスタッフのほとんどが過去のPerl入学式の受講生なのです。

何が楽しいのかって?

何かを自分で考えて、自分で作ってみて、それが動く!他人にも見せれる!とってもワクワクしますね!!

Perl入学式はプログラミングを全く未経験な方も、少しかじった程度の方でも、どなたでも参加できる勉強会です。
2018年度の各地第1回の日程と場所が徐々に決まってきました。

さあ、あなたもPerl入学式に参加して、プログラミングという楽しい世界に飛び込んでみませんか?

コードレビューをする勉強会を開催しました。

なにわPerl#13で、コードレビューをテーマにした勉強会を主催しました。

naniwaperl.connpass.com

結果から言うと、進め方はまだ手探り状態ではあるものの、想定していた以上の良い勉強会になりました。
今回やりたかった事は、プログラミングを0から初めてある程度文法をマスターした段階のプログラマーにとって、「基本文法は理解した」から到達目標である「実用性のあるコードを書く」の間にとても大きな差があると感じていて、その間を埋める勉強会を開催したかったという思いです。

基本文法をマスターすれば、即実践で使えるかというと覚えなくてはいけない知識(DBの事、webの仕組みの事、サーバーに関する知識、アルゴリズム etc)は多岐に渡って更に深く身につける必要があり、Perl入学式の次の一歩の勉強会、脱初学者な勉強会が欲しい!と思い、無ければやるしかの精神で開催しました。

今回はレビューしてもらうコードの題材として、競技プログラミングのサイト AtCoder さんの問題を使わせて頂きました。快く使用許可を頂いた twitter.com さん、本当にありがとうございます。

また、レビュアーはPerl入学式の創設者であり、第一線で活躍するエンジニア id:papix さんにコードレビュー役をお願いしました。快く引き受けて頂き、また東京より駆けつけて頂きありがとうございました。

お硬い文章はこれくらいにして、何が良かったかというと、

  • 普段我流でコードを書いている自分にとって、プロの目線から指摘をもらって目から鱗の知見がたくさんあった
  • 仕事でプログラムを書いている人にとっても、自社の文化を超えた目線でのアドバイスは視野が広がった

点でした。

講義形式や発表形式の勉強会とはまた違った雰囲気で、何より

"それぞれが発表の場を持つ全員が主役である"

こと、同じ題材でコードを書いているからこその

"他人のコードを読む機会(とその違いが明確に分かる)"

部分がとても勉強になりました。
色々と改善の余地はありますが、とても有意義な勉強会だったのでこれからも続けていこうと思います。

Perl入学式は今年も色々な都市で開催されます。初心者向け勉強会”Perl入学式”、次のステップの"Perl中学校"、今年も頑張っていきたい(とはいっても自分にとっては趣味の一環)と思います。

perl-entrance-tokyo.connpass.com

perl-entrance-okinawa.connpass.com

perl-entrance-sapporo.connpass.com

perl-entrance-osaka.connpass.com

naniwaperl.connpass.com

最近Macで急にRailsコマンドが使えなくなった時にした解決方法

本町で開催されているDDD.rb主催のもくもく会に参加してきました。

dddrb.doorkeeper.jp

その中で、今まで使えていたRailsが急に使えなくなり、エラーメッセージが「ffi の vative extensions がどうしたこうした...」という現象を相談している方がおられ、

「ん?ffi ?それ、昨日自分も同じ現象でハマってたやつでは?」

同じハマり方をしているケースも多々ありそうだったのでブログ記事を書いてみました。
具体的には、「MacOS High Sierra」を利用中で、OSのバージョンアップをしているケースと想定されます。
そして、以前にインストールしていた時は問題なくRailsコマンドが使えていたのに、久しぶりにRails new するとエラーでコケてしまうという現象です。

Rails new や Rails server 等、Railsのコマンドを実行しようとすると....

Fetching ffi 1.9.21
Installing ffi 1.9.21 with native extensions
Gem::Ext::BuildError: ERROR: Failed to build gem native extension.

ffi のGemのエラーが出るやつでした。

自分がとった解決方法は、RubygemsffiのGemを見てみると、

https://rubygems.org/gems/ffi/versions

どうらら2018/2/6にアップデートされており、1月に使えていた時とバージョンが違ったので、 Gemfileを編集してffiを一つ前のバージョン固定でインストールしてみました。

<Gemfile>

 gem 'ffi', '1.9.18'
bundle install

Fetching gem metadata from https://rubygems.org/..........
Fetching gem metadata from https://rubygems.org/.
Resolving dependencies...
Using rake 12.3.0
.
.
.
Bundle complete! 9 Gemfile dependencies, 48 gems now installed.
Use `bundle info [gemname]` to see where a bundled gem is installed.

無事にGem がインストール出来てRailsコマンドが使えるようになりました。
自分の環境はrbenvを使ってsystemのRubyを使ってなかったので、bundle installコマンドはユーザー権限でインストールできましたが、rbenvを使わずに直接railsをインストールしている場合、sudo bundle install する必要があるかもしれません。(自己の環境では未実施)

もくもく会

  • 書籍「プロを目指す人のためのRuby入門」の練習問題の復習
  • Railsを使ったAPIの作り方
  • Reactを使ってviewを描画するウェブアプリの事

で、Reactは名前を聞いた程度で、概念、方法など全く知識が無かった事だったのでとても勉強になりました。